Webサービスのアカウントはイケてるプロフィールで Gravatar

夏休みも明けて3週が終わりを迎える金曜日。

夏の疲れがこの辺りでどっと出てくるのは年のせいだろうか。

ということで本日は軽めのネタで。

日本ではアバター関連のサービスというと、アバターで別人格を装って仮想空間でひとときを忘れて、みたいなSNSサービスがほとんどだろう。

Gravatarもアバター関連サービスだが毛色は全然違う。

Gravatarは「Globally Recognized Avatar」の頭文字をとった造語のようで、様々なWebサービスから参照して利用出来る自分だけのグローバルな共通アバターを作成することが出来る無料のサービスだ。

Gravatarでアパターイメージとプロフィールを一度だけ設定するだけで、Gravatarとインターフェースを持っているWebサービスのアカウント情報には同じものを利用することが出来る。

ID-10066335

 

海外の新興サービスを見ているとGravatarとインターフェースを持っているサイトが増えてきており、日本で有名どころだとGitHubなどもGravatar対応している。

 

ちなみに、Gravatarを開発しているAutomatic incもかなりユニークな会社のようだ。

 

 

Twitter

url ja.gravatar.com

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力