低価格な国産クラウドワークフロー iWorkflow

グループウェアやメールボックス、営業管理・顧客管理(SFA/CRM)などのフロントオフィス関連業務、交通費精算に給与支払い明細発行、勤怠管理などのバックオフィス関連業務など、コア業務にさほど影響がなく充実した高機能よりは運用コストも含めたコスト削減の観点からも、クラウドサービスの導入メリットが出易いこれらの分野から取り組まれている企業は多いと思う。

ところが、こうした業務においても、クラウドサービスと割り切っていても今ひとつ物足りないと思うのが「ワークフロー」。

業務遂行における手続きをとても大事にする日本企業において、ワークフローの実装はとても大事なファクターの1つ。

そんな時には、専用のワークフローサービスの導入も検討してみてはどうだろうか?

もしくは、ワークフローサービスを柱にしたバックオフィス業務のクラウドサービス化を検討してもよいかもしれない。

iWorkflowは低価格で導入出来ることが売りの1つの、国産のクラウド型ワークフローサービス。

アカウントを取得するだけで利用することが出来るのがクラウドサービスの気軽さである。

iWorkflowは初期費用無料で1ID300円から利用出来るプラン。

ID-10033818

フリートライアルがあり、コンサルティングを受けながら利用自社業務の適用やカスタマイズを検討することが出来る。

 

Twitter

url www.i-workflow.jp

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

Image courtesy of jscreationzs / FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力