Hospital as a Serviceの先駆者となるかも?Opternative

今日はちょっと嗜好を変えて、視力検査のクラウドサービスを紹介しよう。

おそらくこのサイトをチェックしてくれているみなさんは、日常生活においてPCやスマホで目を酷使している人が多いのではないだろうか。

メガネやコンタクトレンズを買うのも以前にくらべたらずいぶん簡単になってきたが、やはり視力検査は眼科などに行く必要があるのは変わらない。
OpternativeはPCとスマホがあれば、いつでもどこでも視力検査ができるサービスだ。
検査は無料。処方箋をもらうのに費用がかかるだけ。

検査結果はきちんと医師がチェックした上で処方箋を出してくれるので、安心だ。
こういうサービスの利用者が増えてきたら、医者の労働時間もかなり削減できるかもしれない。
現在はまだUS居住者にしか対応していないのでお試しできないのが残念だが。

日本でもウェアラブルデバイスやIoTとからめて、この手のサービスが出てくるかもね。
視力が低下してきたら自動的に検出して、度数を変えてくれるメガネとかね。

 

 

ID-10035077

Twitter opternative

url www.opternative.com/

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

 

 

Image courtesy of  Jeroen van Oostrom at FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

新しいもの、おいしいもの大好き。年中ダイエッター。