世界の知識を共有しよう 〜Quora

米国を中心に利用者が広がっているソーシャルネットワークの仕組みを取り入れたQAコミュニティサイトがQuoraである。

日本ではQAサイトというとOKWaveやYahoo知恵袋などがあるが、Quoraの特徴であり大きな違いは、質問者および回答者は「実名でメンバー登録する必要がある」ことである。

そのため、Quoraに掲載されているコンテンツにはある一定以上の水準が保たれているとされている。

また、サイトのガイダンスにも、質問者にも回答者にも「文章の質」を求めており、掲載コンテンツのクオリティにこだわったサイト運営がされている。

 

ソーシャルネットワークの仕組みが取り入れられているため、特定の質問や特定の質問者/回答者をフォローしたり、または興味のあるキーワードをフォローしておくことで、その話題に関するトピック(質問)をもれなく追うことが出来るようなっている。

Facebook出身者が立ち上げたことも理由の1つなのか、IT業界関係者のユーザも多いようで、筆者もよく利用しているサイトだ。

サイトとしてユーザ実数などを公表しないため、サイトとして成長しているのかどうかの判断が分かれているようだが、次のプラットフォームとして注目される程度には伸びているようだ。

最近はモバイルデバイスでの利用に注力しているようだ。

また、@tmaesaka をはじめとするボランティア数名の方で運営しているQuoraの抄訳サイト「Knoh (ノウ)」で一部のコンテンツについては日本語でも読めるようになっている。

ID-10079674

 

 

Twitter

url www.quora.com

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

Image courtesy of Stuart Miles / FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力