英語を鍛えよう ~TutorGroup

世界経済への中国の台頭はめざましい。
各国の有名大学への中国人留学生は増える一方で、そういった流れを反映し、英語熱も高まっているようだ。ある記事によるとやがて中国は「英語を話す人の人口が最も多い国」となると言われているらしい。

本日紹介するのはオンライン英教育プラットフォームを提供する中国企業「TutorGroup」。中国本土向けにはVIPABCというサービス、台湾向けにはTutorABCというサービスを提供している。(また、それぞれ子供向けにVIPABC Jr.、TutorABC Jr.もある。)

全世界32カ国60都市に2,000人の講師を抱え、生徒はインターネット接続環境さえあれば、24時間いつでもどこからでもレッスンを受けることができる。講師は全員TESOL(英語教授法)認定取得で、満足度も高いようだ。

また、北米ユーザ向けに中国語(マンダリン)を教えるTutorMingも提供している。

TutorGroupは先日SeriesCの増資を受け、累計調達額3億1500万ドル。企業価値評価額10億ドルと早速ユニコーン企業の仲間入りだ。

SpeakEnglish

Twitter

url www.tutor-group.com

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

 

 

Image courtesy of Stuart Miles at FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook