LogiXML改めLogiAnalytics

2000年に設立されたBIベンダーLogiXMLは、2013年3月に開催されたガートナーBI SummitにてLogiAnalyticsに社名変更したと発表している。

LogiAnalyticsに社名変更したことで、ベンダーポジショニングが明確になったのではないかと筆者は思う。(LogiXMLだとXML関連ベンダーと勘違いするし、XMLから想起するイメージもout of dateだ)

 

LogiAnalyticsが提供するプロダクトは「Logi Info」と「Logi Ad Hoc」の2製品。

同社のコアプロダクトは「Logi Info」で、自社システム、アプリケーション、業務プロセスにインタラクティブな分析機能を組込み、カスタムBIアプリケーションが容易に開発出来るところが競合のBIベンダーとの大きな違いである。

(国内では株式会社アシストが総代理店となっているWebFOCUSが同様のアプローチを取っている製品だ)

その特徴を活かして、パッケージ製品への組込みなどOEMにも力を入れているようだ。

様々なバリエーションのカスタムダッシュボードが作成出来るということがこちらのサンプル集からも見て取れる。

LogiAnalytics(LogiXML)は、ガートナー社の2013 Magic Quadrant for Business Intelligence and Analytics PlatformsではChallengersにランクされていたり、

また、2013 SIIA Software CODiE Awardsでは、Best Business Intelligence/Analytics Solution分野のファイナリストに選出されている、

など、注目のBIベンダーの1社である。

 

 

Twitter logianalytics

url www.logianalytics.com

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力