サブスクリプションサービスの収益改善を手助けするデータ分析API Pirate Metrics

Pirate Metricsは、サブスクリプションによるオンラインサービスを提供しているサービスベンダー向けのデータ分析用APIサービスである。

5つの指標(メトリックス)を追跡することによりビジネスの推移を分析し、製品サービスの改善や収益拡大を手助けする。

Pirate Metricsで分析する指標は次の5つ。

  • Acquisition (ユーザサインアップなどのアクション)
  • Activation (サイトへの最初の訪問、アプリ起動など)
  • Retention (サービス継続利用)
  • Referral (他ユーザの紹介など、ユーザがサービスに好意を持っている証明)
  • Revenue (ユーザのサービス課金への支払い)

これらの指標を分析するためのデータ収集は簡単で、Pirate MetricsにデータをプッシュするためのAPIコードがrubyやnode.jsなどの言語に対応した形式で提供しているため、それを自社のサービスに組み込むだけである。

価格はサブスクリプション登録顧客数によって課金プランが用意されており、
1,000:$29、5,000:$99、20,000:$299、80,000:$899などである。

Pirate Metricの開発元であるExpect Behavior社はWebアプリケーション関連の開発会社であり、Pirate Metric以外にもそのコンサルティングノウハウを活かして汎用的なサービスとしてリリースしているものがいくつかある。

HTMLからPDFやXLSファイルを生成するサービス「DocRaptor」や多忙な開発プロジェクト向けにコードのレビューの行ってくれるサービス「Coddifferous」など、いずれも英語サイトのみであるが、ユニークなものだ。

ID-100807

Twitter piratemetrics

url piratemetrics.com/

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

Image courtesy of James Barker / FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力