オンラインビジネスを支援するクラウドBIサービス RJMetrics

2009年に設立されたRJMetricsは従業員40人の米フィラデルフィアにあるスタートアップ。

オンラインビジネスを営む顧客をターゲットとしており、オンラインビジネスに適切なKPIとダッシュボードレポートを事前に用意し、クラウドサービスで提供している。

オンラインビジネスで管理すべき指標として、RJMetricsでは次のKPIを用意しており、常に最新の状態をダッシュボードで確認することが出来るようになっている。

いずれも特段真新しいものではないが、いずれも欠かせないKPIであり、自社でシステム構築をしようとするとそれなりの投資が必要だろう。

  • Customer Lifetime Value (CLV: 顧客生涯価値)
  • Cohort Analysis (コホート分析、母集団を複数の小集団に分類して分析)
  • Marketing ROI (マーケティングROI)
  • Repeat Purchase Rate (リピート購入率)
  • Revenue Analytics (売上分析)
  • Churn Rate (サービス解約率)
  • Average Order Value (AOV: 平均注文額)

また、これら標準のKPI以外のカスタマイズ指標にも対応している。

 

KPIを測るためのデータ収集には各種のコネクタが準備されている。

アメリカでの主要オンラインコマースプラットフォームとなりつつあるMagentoやShopify、Webサイト分析データ収集には欠かせないGoogleAnalytics、そしてオンラインサービスのバックエンドとしての利用が爆発的に拡大しているMongoDBデータベース。

そして、MySQLやPostgreSQL、MS SQLServer、HEROKUなどの主要なSQLデータベースへのコネクタも標準提供されている。

またData Import APIが用意されているので、KPI取得のためにあらゆるデータを取り込むことも可能だ。

価格体系もとてもユニークで、データベースにストアされている顧客ユーザ数の数によって課金されるというとてもシンプルなものだ。

100,000ユーザが月額$500、500,000ユーザが月額$1,000、1,000,000ユーザが月額$2,000である。

 

スクリーンショット 2013-10-21 13.41.15

 

Twitter RJMetrics

url rjmetrics.com/

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力