ビッグデータと機械学習 Skytree

一般朝刊紙に於いても解説される程その名が身近なものになったビッグデータ。

このビッグデータの爆発的な流行とともに、バックエンドの技術としても数多くのプレイヤーが出てきている機械学習。

これまでも、機械学習の応用で、データマイニングなどの「大量データより隠れたルールや法則を見つけ出し、有益な情報を取り出す」仕組みには欠かせない技術として、研究が進められてきた。

もっと身近なところでは、Amazonのリコメンド機能である、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」やGoogle日本語入力の推測機能など、現在のWebサービスにおいて誰もがインターネット上で接する技術である。

そんな技術を有する企業が、Skytree社である。

Skytreeは自社を「マシン・ラーニング(機械学習)カンパニー」であると言い切る潔さ。ブレていない。

提供するSkytree サーバは、クラスタリングなどの機械学習を実行する分析エンジンであり、情報をエンジンに伝えるフロントユーザインターフェースは一切提供していない。
エンジンはエンジン。余計な飾りは不要であると。潔い。

ユーザインターフェースが存在しない為、SkytreeのWebサイトもあっさりしたもので、チャートやダッシュボードなどのよく見る画面スナップショットは一切存在します。

アルゴリズムとパフォーマンスで勝負だ。

Twitter SkytreeHQ

url www.skytree.net

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力