テロの兆候を事前察知する Verint FOCAL-INFO

今回の記事の元々のきっかけはFocalInfoというイスラエルのベンダー。

2年前にイスラエル企業を調査していた際に出会った。

Webサイトをクロールして情報を収集し、溜め込んだデータを分析・整理するというソリューション。

単なるクローラーではなくとてもユニークだが、まだ荒削りな印象で放置していたが、最近気になって再度チェックしてみたところ、Verint Systemsという米NYに本社のあるベンダーに2012年に買収されていた。

Verint Systems社は1994年設立。

「Making BigData Actionable」をコンセプトとしておりIntelligenceの活用にフォーカスしたラインナップのようだ。

Intelligenceは企業向けEnterprise Intelligenceと公共向けを含むSecurity Intelligenceの2ラインに分けて事業運営されている。
プロダクト販売だけでなく、SIも含むトータルソリューション提供として展開している模様。

FocalInfoはVeriny FOCAL-INFOと製品名称を変更し、Webクロールによるデータ収集・分析のソリューションとしてCyber Intelligence製品ラインのポートフォリオを強化が図られている。

Verint FOCAL-INFOについては、Webサイトを見る限り、製品機能から推測出来る企業向けのソーシャルマーケティングやセンチメント分析などへの活用はもちろんだが、セキュリティ対策ソリューションとして特に公共・政府機関などにテロなどの事前検知のソリューションとしての活用が提案されている。

日本も新宿にベリントシステムズジャパン・オフィスがあるようだが、当製品はラインナップされていないようだ。

ID-100188518

(日本では、Enterprise Intelligence製品ラインは、ワークフォース最適化を前面に出しており、主にコンタクトセンターソリューションに注力しているように見える)

 

Twitter verint

url verint.com/solutions/communications-cyber-intelligence/products/focal-info/index

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

Image courtesy of renjith krishnan / FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力