ステルスモードに入ったクラウドデータベースのXeround

MySQL互換のDaaS(Database as a Service)サービスとしてスタートしたクラウドデータベースのXeround。

システムはAWS上にプロビジョニングされ、自動スケーリングと可用性やプロビジニングの容易さが売りだった。

しかし、2013年7月24日現在、サイトをチェックしたところ「next generation of data management solution」を開発するためサービス提供を中止し、ステルスモードになっていた。

どんな新しいサービスと共に戻ってくるのか楽しみだ。

Twitter xeround

url Xeround.com

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力