BYOD

BYODとは?
BYOD (Bring your own device、ビーワィオーディ)というIT業界お得意の省略4文字ワードが騒がれて久しい。
一言で語れば、従業員の私物端末(モバイルデバイス、PC等)を、業務で利用することを指す。
その背景となる要素はいくつか存在するが、その一つとして、スマートフォンの爆発的な普及である。
スマートフォンは、パソコンと同等の処理能力を備え、かつ、通信機能が内蔵されていることより、
いつでも何処でもネットワークに接続できるというメリットがある。
個人個人が保有するこれらの私物端末の方が、企業で支給され、長年利用せざるを得ない支給端末より使い勝手や性能が高い状況下になってきた。
これを、一般的にはコンシューマライゼーションと呼ぶ。

また、企業がこの様なスマートデバイスを支給する場合、個人所有の端末との二重持ちとなり、利用部門からすればこれもまた不便さが増大する一つの要因である。

byod1

BYODのメリット
企業側よりみたBYODのメリットは、大凡以下の通りであろう。

・多様な働き方の推進

・従業員のモチベーション向上

・多様なワークスタイル
BYODの課題

BYODの課題を大分類すれば、大凡以下の2つに分類できる。

・情報管理
BYOD創生期には、MDMを導入し、デバイス紛失時に端末を初期化することで情報漏洩を防ぐ手段が一般的であったが、そもそも端末事態は個人所有物のため、企業が管理する必要性は無いはずだ。
また、これを行うと、スマートデバイスに保存されている個人プライバs-を侵害することになりかねない。
故に、現在では、BYODに対しては、MAM(Mobile Application Management モバイルアプリケーション管理)とMCM(Mobile Content Management モバイルコンテンツ管理)が有効とも言える。

・公私分計
一言で言えば、通信費用である。業務利用分と個人利用分の切り分けがままならないはずだ。
パケット通信料金については、これを分計する手段は皆無と言ってよいだろう。
残りは通話料金である。
通話料金に関しては、やはり近年ではIP電話サービスの普及により、公私利用の区別ができるサービスも充実してきたので活用しない手はない。

 

 

LINEで送る
Share on Facebook

Cloud基盤とSaaSが専門。主力エリアはUSとアジア