企業内コミュニケーションの重要性と改革

経営層、中間管理から現場、たはまた取引先に至るまで、何か歯車が噛み合っていないないと感じた場合、その要因の1つにコミュニケーション不足を挙げる企業経営者は多いだろう。

肝心な点は、企業経営者が、経営に於けるコミュニケーションの重要性を認識することで、これが欠落している場合、生産性も効率性も向上しないと考えるべきである。
つまり、事業を継承する為の大切な要素だと言えるのではないだろうか?

企業活動とは、経営層が発信するメッセージに対し、従業員がその意味を見出し、行動し、完結するものである。

ところが、一方的な口頭伝達や所謂立ち話のアイデアでは、その受け手は大抵の場合は1人、または、ごく限られた少数が受け手であり、これは秘密主義と取られてもおかしくなく、その他従業員のモチベーションの低下に繋がる。

しかし、大企業の下請けに徹し、社内コミュニケーションに興味を抱かない小企業経営者もまた多いのが事実であり、これでは何も生み出すことは出来ないだろう。

つまり、経営層が自ら自律的なコミュニケーションを土壌を作成し、認知し、参画することが、現場の改革を加速させる最短距離である。
逆に、その様にしない限り、コミュニケーション不足は解消される事はないだろう。

経営改革とは、経営者の前向きな姿勢があって、初めて実現出来るものである。

一例を挙げよう。
新聞や回覧と言うものは、上流から下流へと流れる情報伝達であり、影響力のあるものから一般層へという一方的な伝達手段である。しかし、時代は変わり、現在のデジタルネットワークの世界に於いては、誰でも簡単に情報発信が可能であり、これを有効利用しない手は無いはずだ。

niandccv1現在米国を中心に、世界中の先端で主流となっているコミュニケーション手段と言えば、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)である。
SNSとは、同じ趣味、嗜好、価値感を持つ人と、人のつながりを促進・サポートしたり、居住地、出身校、「友達の友達」といった直接関係のない他人との繋がりを通じて人間関係を構築する場を提供するコミュニティ型のシステムを指す。

「参考;企業内ソーシャルネットワークサービス ClearVale SNSサービス」

 

このSNSの出現により、情報の価値は、旧態依然の情報(新聞や雑誌等)より、自分と同じコミュニティに存在する人たちより発信される、遅延の無いリアルタイムな情報の有益性を感じている人間が多いことを意味する。

情報の有益性の一例を挙げれば、自分と同じコミュニティに所属している人のリコメンドは、自分にとっても有益な情報である確立が高いと考えられている。

例えば、「A紙に掲載されていたあのお店、どうだった?」と発信すれば、瞬く間に自分の在籍するコミュニティより、その問いかけに対し、様々な意見が発信され、それがコミュニティ内で共有されるのである。

この様な仕組みと取り組みによって、必然的に社内外のコミュニケーションが活性化され、事業継承が容易になるのではないだろうか?

LINEで送る
Share on Facebook

Cloud基盤とSaaSが専門。主力エリアはUSとアジア