モバイルアプリが1日でできちゃう App Press

最近はモバイルファーストでアプリ開発しているプロジェクトも増えてきている。
まずはスマートフォンやタブレット向けのアプリを開発した後に、PC用を作るという手法だ。
今回はモバイルアプリ開発を簡単に実現する、App Pressを紹介しよう。

App Pressはモバイルアプリをコーディングなしで簡単に作れてしまうクラウドサービス。
作るだけではなく、配信もできてしまう。
つまり、作ったモバイルアプリをApp StoreやGoogle Playで配信するところまでApp Pressで
できちゃうのだ。配信するにはAppleもしくはGoogleのDeveloperアカウントが必要だが、
App StoreやGoogle Playでの開発者名は自分の名前(会社)となり、App Pressを使っている
ことはわからない。
ただし、サブスクリプション契約を終了すると、アプリの配信もできなくなるのでご注意を。

筆者も簡単にトライアルしてみたが、数時間でアプリのユーザインタフェースができてしまった。
Photoshopを使ったことがある人であればものすごく簡単にアプリ開発できるはずだ。
テキストレイヤー、画像レイヤーなど、レイヤーを重ねていくことで一つのアプリのユーザ
インタフェースができあがるという仕組みだ。

2週間のトライアルやYoutubeでデモも見れるので興味のある方はぜひ。

ID-100329115

Twitter app_press

url www.app-press.com/

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

 

 

Image courtesy of Stuart Miles at FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

新しいもの、おいしいもの大好き。年中ダイエッター。