コミュニケーションはやっぱり母国語がいいよね GeoFluent

翻訳サービスをはじめ、企業・ブランドのグローバル化を支援するLionBridge社が提供するサービスがGeoFluent。

サービスのコンセプトは、

「Enabling customers to communicate in their Native Language – Always」

企業が自社顧客と「それぞれの現地の言葉で」グローバルに繋がりエンゲージメントするためのプラットフォームを、自社のリアルタイム翻訳技術をベースに提供している。

主なサービスは2つ
Chat SolutionとCommunity Solutions

Chatは、それぞれが自国語でチャットしても、リアルタイムに翻訳されるサービス。Live SolutionやMoxieとの連携あり。

Communityは、いわゆる自社SNSプラットフォームを作るが、言語はそれぞれのユーザローカル言語にリアルタイムに翻訳されるというもの。
Lithium Community Platform、Telligent Social Community Platformなど、既存のSNSプラットフォームとの連携あり

対応言語による翻訳の質が気になるところではあるが、これからさらにグローバル化に向けて進まなければいけないけれど、どうしても言語の壁がという日本企業向けには期待の持てるサービスかもしれない。

2012年のガートナー Cool Vendors in CRM Customer Service and Socialに選出されている。

ID-100174871

 

Twitter GeoFluent

url www.geofluent.com

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

Image courtesy of Stuart Miles / FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力