Omni-channelを実現するプラットフォーム Rubikloud

スマートデバイスの普及もあり、消費者とプロダクトとの接点や購買シーンは多様化し、さらに、ビーコンやデジタルウォレットなどユーザの「新しい体験」を生み出すための仕組みが次々と出てきている。

このようにしてユーザの行動が細かくデータ化されていくのだが、データの種類や方式は多様で、それらを統合して分析し、行動傾向に仮説を立て、バックオフィスも含めて細かくPDCAサイクルを回すのは至難の業だ。

ここで紹介するRubikloudは、そのようなOmni-channelを成功させたいリテール業者をサポートするサービスだ。

多くの種類のデータソースを投入することで、それらを総合的に分析し、例えばチャネル毎のコンバージョン率を並べてみるといったができる。そこからレコメンデーションレポートも提供されるので、それがプロモーションやキャンペーンへのフィードバックとなり、さらに次の改善、新しい施策、そして収益増大につなげていくことができる。

クラウド上でのアナリティクスサービスは1つの大きなトレンドだが、
こういった特化型のサービスも今後増えていくと思われる。

online_shopping

Twitter rubikloud

url rubikloud.com

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

 

 

 

 

Image courtesy of bplanet at FreeDigitalPhotos.net

 

LINEで送る
Share on Facebook