フルクラウド3D CAD Onsharp

VDIが出てきたときによく聞かれたのは「CADはできないの?」ということ。

確かにCAD端末は特殊なビデオボードやマシンリソースも強力なものが必要。
専用の3D CADソフトウェアもインストールが必要で、どうしてもそれぞれの
デザイナーの専用端末となってしまっていた。
したがって、その端末ででしか仕事ができないとか、簡単に動かせないので
場所が固定されてしまう等、いろいろな問題がでていた。

本日紹介するOnshapeはフルクラウド3D CAD。
クライアントにソフトウェアやプラグインの導入をする必要がなく、
ブラウザさえあればよい。
サインアップしたその日からクラウド上で3D CADが使える。

CADデータのメンバー間での共有や、同じデータに対して同時編集も可能。
版管理もクラウド上で行う。モバイルデバイスも対応している。

うれしいのは、Solidworks、CATIAなどの既存ツールのデータも
読み込むことができること。

こういったものがどんどん活用されるようになると、
CADデザイナーのライフスタイルもどんどん変わってきちゃうね!

newcarengine

Twitter onshape

url www.onshape.com

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

 

 

Image courtesy of siraphat at FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook