Amazon RedShiftとタッグを組んだRedRock BI

DWHとBIをセットで提供してくれるクラウドBI。本社はアメリカ。

従来のBI製品で提供される、レポート、ダッシュボード、グラフなどはもちろん、位置情報も含めた分析機能も備えている。特にモバイルデバイスが浸透してきた昨今では、約70%のデータが位置情報を含んでいるとのこと。もちろん、モバイルデバイス対応もしているので、社外からタブレットなど使って最新状況を把握するることも可能だ。

DWHはAmazon RedShiftと連携する。ただし、RedRock BIでは、マルチテナントはセキュリティの観点から、データストレージには向かないということで、シングルテナントのみ連携している。クラウドにデータを置くことに懸念を示す企業にとってはうれしいはず。

データ連携機能には従来のインメモリ型ETLと、Amazon Elastic MapReduceと連携しているので、小さなデータセットからビッグデータまで対応できる。

基本価格は月額$2,500。2TBまで使える。RedShiftの容量やETL処理数を追加することで価格は変わる。「いつでもサービス利用をストップできるくらいの気軽さがクラウドBIには必要」というポリシーの元、年契約はなく、あくまで月額サブスクリプションにこだわっているらしい。

ID-100100607

Twitter

url redrockbi.com/

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

Image courtesy of Victor Habbick / FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

新しいもの、おいしいもの大好き。年中ダイエッター。