あの会社が注目する配車サービスとは?Cabify

配車サービスで一躍有名になったUberだが、そんな彼らの後を追うCabifyという会社も注目だ。

ほぼUberと似たようなサービスで、自分が今いる場所と目的地をアプリで設定すれば、近くのドライバーが迎えに来てくれる。あらかじめ料金も割り出してくれるので、降りるときに支払額にびっくりすることもない。チップ代も込みだ。

もちろん、車種や車のタイプ(普通車、リムジン、バンなど)選べるし、支払はクレジットカードかPaypalだ。

障害者だとか英語しかしゃべれないなど、特別なリクエストがあれば、アプリから送ることもでき、適切なドライバーが迎えにきてくれる。

スペインに本社拠点を持つCabifyなので、実はまだアメリカにも進出していない。

スペイン、チリ、ペルー、メキシコ、コロンビアと見事にスペイン語を公用語とする国に進出している。

日本に来るのはまだまだ先だろうと思っていたが、なんと先日楽天がシリーズCで1億2000万ドルも投資したのだ。

昨年も楽天はシリーズBで投資していたが1200万ドルだった。一気に10倍もの金額を投資したというのは驚きだ。

意外とスペイン語圏の次は日本だったりして?

 

ID-100237920

Twitter Cabify_Espana

url www.cabify.com

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

 

 

Image courtesy of stockimages at FreeDigitalPhotos.net

 

 

LINEで送る
Share on Facebook

新しいもの、おいしいもの大好き。年中ダイエッター。