DiigoはEvernoteより動作が軽快

ソーシャルブックマークサービスとしてスタートしたDiigoは、実はかなり長い歴史を持つサービスである。

Diigo自体、ここ数年、情報クリップサービス分野に於いて、Evernoteの代替として使いたいというニーズに応じ、Webクリッピングだけでなく、画像の保存やクラウドで共有出来るメモパッドなど機能を拡張してきている。

確かにEvernoteは便利な反面、なんでもかんでも放り込んでおくと重い。iPhone APPをさくっと起動して、という訳にはなかなかいかなくなる。

従って筆者の場合は、後で読む系のWebクリッピングはRead it Laterから名称変更したPocketをよく利用している。

Pocketの方が新しいサービスなだけあってiPad版のUIなど非常によく出来ている。

しかしDiigoも負けてはいない。Evernoteと比べて動作は軽快である上に、クラウドノートパッドや画像の保存、投稿などはもちろんのこと、WebクリッピングとしてもPocketにはない機能がある。

それはAnnotation(注釈)機能である。

Webサイト記事の特に気になった部分だけにマーカー付きで注釈をとっておくだけで、後で読み返す時に相当便利である。

フォルダ分けは出来ないが、タグを設定することで大量のWebクリップの仕分けにも対応するし全文検索機能もある。

また、メモやWebクリップを他者と共有してコラボレーションすることも出来るため、自社Webサイトの改修にも利用出来るだろう。

ブラウザ版のUIは英語だが、言語設定で「Japanese」を設定しておくとタグ推奨機能に日本語タグを表示してくれたりする。

アイデア備忘BOXなどに活用できるではないだろうか。

現在のバージョンは「Ver5.0 Beta」ということなので、まだまだ機能拡張に期待出来る。

 

スクリーンショット 2013-08-08 15.39.53

 

Twitter diigo

url www.diigo.com

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

 

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力