スマホアプリUX計測・分析サービスのデファクト FLURRY

ものすごい勢いで使われているモバイルアプリ用のユーザエクスペリエンス(UX)計測・分析サービス。

その数、なんと35万ものアプリでFlurryが使われているとのこと。

日本発のスマホアプリでもFlurryを使って分析している事例が多いようだ。

アプリのコード中にFlurryのコードを含めておくことで、ユーザのアプリへのアクセスや様々なアプリ内での利用状況が計測・記録されていく。

記録されたデータを元にファンネル分析など、アプリ開発者やマーケティング担当に役立つ分析結果として最低24時間でフィードバックされる。

こうした分析サービスは無償提供なのが爆発的に伸びている所以か。

これらのアプリ分析データを元にした広告サービスを企業向けに販売しており、そちらで収益を上げている。

競合はLocalytix、MixPanelなど(MixPanelはWebサイト分析がメインだが、APP分析にも使える)

ID-100145518

 

Twitter FlurryMobile

url www.flurry.com

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

Image courtesy of cooldesign / FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力