LFPという独自プロトコルでモバイルを推進する Framehawk

2008年設立のサンフランシスコのスタートアップ。

Framehawk社は従業員40名。投資はSeries Bで$16.5M調達済。

3つの技術があり、モバイルにおけるネイティブアプリ、アプリケーションデリバリのためのクラウドサービス、管理コンソールを提供する。

またLFP(Lightweight Framebuffer Protocol)という独自プロトコルを保持。

例えばiPadにiPad client appを導入し、appを起動するとワークスペースが起動し各サービスが利用可能となる。

3つのサービスを起動させ、横スライドでサービスの切替操作も出来る。

提供する価値としては次のものが挙げられている。
・Security for data leakage prevention
・Optimized user experience
・Very high performance
・Cost effectiveness by leveraging your existing skills and investments in mobility and application development
・Ability to deliver mobilized applications immediately

451によると、強みはa zero-trust perimeter model for device access and application delivery。

ちなみに競合としては、Good Technology, Fixmo, Bitzer Mobile, Citrix, Samsung with its KNOX technologyがいるらしい。

今年(2013年)のガートナー Cool Vendors in Client Computingに選出されている。

ID-10086820

 

Twitter framehawk

url www.framehawk.com/

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

Image courtesy of adamr / FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

DatabaseとBigData関連技術を追い求める若き技術者集団としてのエイリアス