聴覚障害者の神アプリとなるか?Otosense

その社名(サービス名)から想像できる通り、「音」に関連するサービス、Otosense(オトセンス)。
先日Red Herringが選出する、優れた技術革新を成し遂げた企業の米国TOP100に選ばれている。

私たちは日常生活において、視覚だけでなく、車のクラクション音や自転車の鈴など、音(聴覚)によって危険を事前に検知していることも多い。この音によるアラートをスマホアプリの画面上に視覚的に表示したり、バイブレーション機能で通知するのがOtosenseだ。
聴覚に障害を持つ方が、車の急ブレーキの音、防犯ブザーの音、クラクションなど、身の回りで起こる「音」を「目で確認」できるのだ。
聴覚障害者だけではなく、ホームセキュリティでも役立つだろう。不在時に窓ガラスが割れる音を検知したら、遠隔地にいる自分のスマホに通知が来るということも実現できる。

この「音」を聞き分けるための「音ライブラリ」がOtosenseにはあらかじめ定義されているが、ライブラリにない音を自分で登録することも可能だ。

現時点ではまだAndroidアプリのみ提供されているが、今後はiOS版もリリース予定。
デバイスも、スマホ、タブレットだけでなく、スマートウォッチなどにも対応が広がっていくだろう。

ID-10081338

 

Twitter otosense

url www.otosense.com/

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

 

 

 

 

Image courtesy of stockimages at FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

新しいもの、おいしいもの大好き。年中ダイエッター。