世界中からストリーミング 〜 Periscope

ご紹介するPeriscopeは、言ってみれば「世界中どこでもドア」だ。

アプリを起動すると世界地図が現れ、ライブストリーミング中の
アカウント数が表示される。そこからどれでも好きなアカウントを
選択すれば、4Gでもストレスのないストリーミング映像が流れる。
映像は個人がアプリを通してスマホから放映しているものだ。

オーストラリアでは自宅での友達同士のおしゃべりを中継している
ノルウェーでは朝スケボーで通勤する青年が見る風景
韓国では午後のカフェの前を黄色いバスが通り過ぎる
アメリカ西海岸では深夜多くのフォロワーを相手に只々だべっている女子
ニューヨークでは未明の眠らないストリート

なんてことない風景なのだが、すべてが「今、この瞬間」なのだ。

動画ソーシャルで、例えばVineは6秒間の制約でどれだけ注目を
集めるコンテンツをアップできるかが勝負で、どれだけ「繰り返し
見ても面白いか」がポイントなのに対し、Periscopeは、
このライブ感が魅力なのだろう。

3月末にローンチしたばかりのこのサービス、この8月にはすでに
1000万アカウントを超えたとのこと。そしてユーザの累計視聴
時間はなんと40年分だそうだ。

ちなみにこの会社をTwitterが5月に買収している。
このサービスを弾みにTwitterはあらたな盛り上がりを見せるのだろうか。
まだ少ないPeriscope日本ユーザの動向とともに注目したい。

TravelTV

Twitter periscopeco

url www.periscope.tv

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

 

 

Image courtesy of Idea go at FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook