広告もウェアラブルへ TapSense

今年はウェアラブル元年とも言われ、日本でも初のExpoが開催されるなど
盛り上がりを見せている。

そんな中でも期待はApple Watch。おしゃれなデザインはすでに発表され、
セレブにも支持を得そうだが実際にどんなアプリが実装されるかが注目されている。

そんな中で今日紹介するTapSenseは、モバイルに特化したAd Exchange
プラットフォームを提供する企業で、なんと2015年1月4日には早くも
業界初Apple Watch向けのProgramable Ad Platfomを発表。
アプリ開発者にはSDKを、ブランドやエージェンシー向けにはAPIを提供するとのこと。

広告バナーはブラウザの中でもスペースが問題であったが、
TapSense SDKではApple Watchkitでサポートされる表現形式を
上手く活かした対話的インターフェイスを作成可能としている。

Apple Watchの場合、iPhoneのGPSとの連携が可能なので、クーポンの
配信などにおいて一歩進んだローカルターゲティングを行うことが可能だ。
さらにはApple Payとの統合で、今まではなかったエクスペリエンスが期待される。

こういったベンダーが早々に出てくることで、
Apple Watchの発売と共にさらに楽しみが増えるね!

watch

Twitter tapsense

url tapsense.com

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

 

 

 

 

Image courtesy of stockimages /  FreeDigitalPhotos

LINEで送る
Share on Facebook