スマホさえあればどこでも仕事ができる!Workspot

1.2年前から「ワークスタイル変革」という言葉が流行り、仮想デスクトップ製品やビデオ会議システムなど、どこにいても仕事ができる環境を作る製品が注目を浴びている。
筆者もオンプレミス型の仮想デスクトップ環境を活用しており、かなり重宝している。
が、やはりオンプレで環境構築するのは導入工数もお金もかかるし、、、という方も多いだろう。

Workspotは「どこにいてもいつでも仕事ができる環境」を提供してくれる、クラウドサービスだ。
そう、SaaSなのだ。
サインアップして設定をすれば、自宅のPCからでも、スマホからでも、タブレットでも、どのデバイスからでも社内システムにアクセスできるのだ。
Workspotは「社内システムへの接続設定は60分でできる!」と言っているので、ぜひ試していただきたい。最初のお試しは無料だ。

仮想デスクトップと違って、Workspotにログインすると、タブレットやスマホのホーム画面のようなアイコンが並ぶ画面が表示される。
社内システムごとにアイコンが用意されているので、仮想デスクトップと異なりネイティブアプリ感覚で社内システムを使うことができる。

1ユーザあたり月額12ドルから始められるので、気になるかたはぜひ試してみてはいかが?

ID-100222332

 

Twitter workspotinc

url www.workspot.com/

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

 

 

Image courtesy of Witthaya Phonsawat at FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

新しいもの、おいしいもの大好き。年中ダイエッター。