ラグビーと羊の国からやってきたクラウドプラットフォーム〜SMX

SMX社は2005年創立の会社。本社はニュージーランド オークランド(ALL BLACKS!ALL BLACKS!)
既にワールドワイドでビジネス展開しており、オーストラリア、インドそして日本にも拠点がある。

SMX Cloudというクラウドプラットフォーム構築基盤がコア技術の1つ。クラウドプロビジョニング、課金システム、チャネル管理、などクラウドサービス構築のためのツールはほぼ網羅され提供されている。

ただし、現在の収益基盤はSMX Cloud上に構築したアプリケーション”SMX EMail Security(メールフィルタリングサービス)”をクラウドサービスとして提供している。メールフィルタリングがアプライアンスからクラウドサービスへとトレンドが移ってきた時流に乗り全世界で顧客を増やしている。

スパム/ウィルスかどうかの判断は形態素解析等ではなく、SymantecやCloudMarkのエンジンを使用しておりそのワードディクショナリを参照している。検知エンジンの性能は既に折り込み済みである。

日本国内ではKVHが提供しているサービスを利用することが出来る。

 

ID-100144538

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitter SMXEmail

url smxemail.com

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

Image courtesy of [image creator name] / FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力