Gridy グループウェア

従来のグループウェアの活用方法と言えば、社内情報共有が主であった。
しかし、近年の業務遂行スタイルとしては、社外のパートナーを始め、近年ではソーシャルメディアを活用した人的交流が盛んになってきたことより、それらの方々とのコラボレーション業務が広がりつつある状態である。
この様な状況下に於いては、既存の閉じられた世界を前提に設計されたグループウェアではこれを実現することが難しいと言わざるを得ない。
KS
ここで現れたのがGRIDYグループウェア(KnowledgeSuite)である。
GRIDYグループウェアは、セキュアな環境を保持したまま、社外のGRIDYユーザーと連携することが可能で、言い換えれば、企業間を跨いだスムーズな情報共有をセキュアに、かつ、簡単に実現することができるのである。
一例を挙げれば、一つのグループに、社内外メンバーを招待し、その閲覧権限を社内、社外で分離する事により、必要な情報だけを社外ユーザに開放することができるのである。
また、共有資源に対し、確認済み未確認等フェッチ情報の履歴管理が可能なので、伝達漏れや確認作業が不要となる。

マイページはこちらスケジュール
図左:マイページ 図右:スケジュール

これは、新しいスタイルのコラボレーションである。
また、会社の組織構造そのままの権限付与を行う事も容易である。

Twitter KnowledgeSuite

url gridy.jp

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

LINEで送る
Share on Facebook

Cloud基盤とSaaSが専門。主力エリアはUSとアジア