ポータルの次は企業内ソーシャル

One to Oneマーケティングが盛んだった頃、エンタープライズポータル製品として数多くの導入実績があったBroadvision。国内にも数多くのユーザ企業がいらっしゃったのを覚えている。

Broadvision社の設立者でありCEOのDr.Pehong Chen氏は、シリコンバレー界隈のベンチャー起業者としては有名な方らしく、Business Week誌の”25 most influential e-business leaders in the world”にも選出されたことがある。

そのBroadvision社が提供する企業向けソーシャルのクラウドサービスがClearvaleである。

Clearvaleは、日本国内ではクリアベイルという名称で日本情報通信株式会社とソフトバンクテレコム株式会社が各自社データセンターにてサービス提供しているので、「海外サービスはサポート面やセキュリティ面で少々不安」と躊躇われる企業にも安心して利用頂く事が可能だろう。

ちなみに、中国でも既にサービスが提供されている。「明晰谷」で検索してみて欲しい。(そのまま直訳である)

クリアベイルは当初から企業向けに開発されており、一般的なソーシャルネットワークの機能に加えて、ファイル共有によるコラボレーションなど業務利用を念頭においた機能が追加されている。
cv2

実は筆者も1年以上前からチームでClearvaleを使用しており、チーム内のコミュニケーションはメールではなく全てをClearvale上で行っているのだが、ドキュメントの作成や共有がとても便利である。

 

 

cv1

また、社外パートナーや顧客とのコミュニケーションにも利用することができ、社内とは別のクローズドなネットワークスペースを作成することで、限定したユーザだけでファイルの共有やメッセージの交換が可能である。パートナー恊働や顧客サポートなどにも是非使いたい。

 

 

Clearvaleについては、こちらのコラムも参照して頂きたい。

 

 

 

Twitter Clearvale

url www.clearvale.com/mkt/en

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力