クラウドのデータをクラウドでバックアップするBackupify

Backupifyは名前のとおり、バックアップサービスを提供する会社。2008年設立。
「バックアッピファイ」と発音する。

Google AppsやSalesforce、またFacebookやTwitterなどのソーシャルサービスのバックアップを行ってくれるクラウドサービスである。
Google AppsやSalesforceのバックアップ製品/サービスはベンダーやパートナーが提供するものがあるが、バックアップの頻度が少ない、手動でバックアップを取得する必要があり、管理者工数が増える、などの課題があるが、Backupifyはこの課題を解決してくれるサービスである。
特にBackupify for Google Appsは順調にユーザを増やしているようで、7000ドメインで使われている。

このサービスの特徴は、
クラウドからクラウドへのバックアップ
 クラウドサービスのデータバックアップ先もクラウド。
 99.9%の稼働率のAWS上でデータをセキュアに管理する。

自動バックアップ
 設定だけしておけば、あとはBackupifyが自動でバックアップを取得し、AWS上で管理されるので、バックアップ工数はほぼゼロである。

日次でバックアップ
 毎日バックアップを取得するので、もし問題が発生した場合でもデータロスを最小限に抑えることができる。(上位エディションであれば、1日のうち数回取得することも可能)

Backupify for Google AppsはGoogle Appsマーケットプレイス経由でドメインにBackupifyモジュールをインストールする必要があるが、Backupify for Salesforce、Backupify for Social Mediaは管理者権限のあるBackupify用アカウントを作成するだけでよい。

価格はBackupifyのWebサイトにも掲載されている。
Backupify for Google Apps 月額3ドル~/1ユーザ
Backupify for Salesforce 月額99ドル~
Backupify for Social Media 月額99ドル~

Bit.lyやChartbeatなどのサービスを生み出し、Twitter、Tumblr、Pinterestなどに投資も行うbetaworkから投資を受けている。

backup

Twitter backupify

url www.backupify.com/

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

Image courtesy of Stuart Miles / FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

新しいもの、おいしいもの大好き。年中ダイエッター。