統合インシデント管理サービス BigPanda

クラウドサービスをローンチした後は、サービスレベルの監視がとても重要になってくる。
ただ、ローンチするまでは、構築することに手一杯で、
監視系はそのときに便利なもの選択することが少なくない。
結果、サービス毎に監視ツールが異なってしまい、
運用担当者は大量のアラートに悩まされることになってしまう。

BigPandaは異種システムの統合インシデント管理サービス。
各システムから発行される大量アラートを自動的に簡潔なインシデントにしてくれる。
運用担当者はこのパンダくんのおかげで大助かりだ。

また、ソース変更や本番移行とインシデントとの関連を相関づける機能もあるようだ。
移行の時のミスはよくあることだしね。

各管理ツールとの連携については、Nagios、NewRelic、シェルスクリプト、
Splunk、ZABBIX、Zenoss、AppDynamics、AWS CloudWatch、ServiceNow、
bmc Remedy、JIRA、zendeskなどが対応済。

Sumologic、Microsoft Azure、Google Cloud Platform、Airbrake、logglyなどに今後対応予定。

panda

Twitter bigpanda

url bigpanda.io

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

 

 

 

 

Image courtesy of chrisroll /  FreeDigitalPhotos

LINEで送る
Share on Facebook