CloudネイティブなSaaS APM boundary

SaaS APMベンダー
2010年にCAが買収したNimsoftの主要メンバーが起業した。

以下のデータを収集
Cloud監視(AWS, RackSpace, Privateなど)
分散アプリ(Riak, Redis, RabbitMQ, Zookeeper, Customなど)
Big Data Cluster(Hadoop, Cassandra, MapR, Verticaなど)
さらに、New RelicやSplunkのデータも食えるらしい。

監視分析機能

オンプレでもSaaS可能な様だ
監視ノードにはMeterというエージェント導入が必要で、サポートしているプラットフォームは、Ubuntu、CentOS、Debian、Win2008など。なぜかRed Hatはコミュニティ・サポート
収集データ量課金

2GB/日まででコミュニティサポートの場合無料、さらに2GB/日までサポート付月額$199、5GB/日までサポート付月額$399、5GB/日以上が要相談

監視グラフ、自動トポロジーやアプリ監視などアウトプットには目新しことはないが、環境がCloudネイティブな感じ。
インフラもErlangやScalaで開発されているようです。今時の監視ツール。

SaaS業者が裏で導入しておいて、監視サービス、レポートサービスとしてオプション化するのが王道か?

Twitter boundary

url boundary.com

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

LINEで送る
Share on Facebook

Cloud基盤とSaaSが専門。主力エリアはUSとアジア