AWS利用のベストプラクティスをレポートしてくれる Cloudcheckr

数年前パブリックなクラウドサービスが企業で幅広く利用されるようになってきた頃から、クラウドサービスの利用状況をモニタリングしてコスト最適化のためのレポーティングや他サービスへの乗換えプランのリコメンドなどを行うサービスが数多く出て来た。

当時はマルチクラウド環境を対象に分析しますというのが各社の売りだったようだが、この1年大きな変化があったように思える。

それは「Amazon Web Service専用モニタリングサービス」へのシフトだ。

マルチクラウド対応を掲げていたサービスが、いつの間にかAWS専用サービスになっていたり、最初からAWSモニタリングに特化したサービスとしてリリースされたりという動きが目立つ。

もはやマルチクラウド対応はRightScale独占市場では、と思うほどだ。

それほどパブリッククラウド基盤の特に北米におけるAWSのひとり勝ちが想像出来る。

※※※

さて、今回ご紹介するCloudCheckrもそんなAWSモニタリングサービスの1社。

2011年にNYで設立されている。

特にAWS専用を掲げている訳ではないようだが、現在はAmazon Web Serviceのレポーティングサービスのみを提供

リソース分析とコスト最適化の費用分析やセキュリティ分析レポートを提供しているが、Cloudcheckrがユニークなのは数百ものサービス分析におけるベストプラクティスとの対比による分析結果を提示してくれるところだろう。

laptop-screen無償で使えるサービスも公開しているので、AWSをしっかり使っているユーザは一度試してみてはいかがだろう。

 

Twitter

url cloudcheckr.com/

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力