NaaSコンセプトでストリーミングに代わるテクノロジー提供 numecent

2013年ガートナーCool Vendors in Client Computing受賞ベンダーのnumecent。

設立は1996年、投資はSeries Bで$15.6M調達済。2012年までステルスモードであった。

本社はCAのIrvineで、英国にもオフィスあり。

前身の会社時代からアプリケーション仮想化技術に長けていたようだが、昨年からcloudpagingという形でサービスを市場投入。

ストリーミングに代わる技術としても位置づけており、子会社のEndeavours Technologiesを介して、アプリケーションのストリーミングと仮想化に関する10のパテントを取得している。

コンセプトは「シンプルに、アジャイルに、素早くネイティブソフトウェアを配信すること」

彼らはNaaS(NはNative)と呼んでいる。

管理コンソールから、アプリ(ChromeやPowerPoint等のWindowsアプリ)をクリックすると、アプリケーションが起動する。プロトコルはRDPではない。

XenApp/ThinAppっぽいのだが、ちょっと違うらしい。

違いがよくわからないので、もう少し見ていきたい。

ID-10052570

 

Twitter numecent

url www.numecent.com/

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

Image courtesy of digitalart / FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

DatabaseとBigData関連技術を追い求める若き技術者集団としてのエイリアス