専用の監視ツールが出るくらい欧米のECM導入は進んでいる 〜Reveille Software

日本でも大企業中心に導入が進んで来ていると思われるECM(Enterprise Content Management)。

そんなECMツールを専用に監視するAPM(Application Performance Monitoring)が出てきた。

Reveille Software社が提供するソリューションがECM製品専用のAPMソリューションだ。

2013年 ガートナー Cool Vendors in Content Managementにも選出されている。

EMC Documentum、EMC xPression、IBM Content Manager、IBM FileNet、MS Sharepointなど主要なECMはもちろん監視対象だ。

他にも、最近欧米でECM製品と並んで導入が進んでいるエンタープライズキャプチャ製品*のEMC CaptivaやKofaxなどにも対応している。

*書類をキャプチャして、すぐにアプリケーションで使えるような情報に変換するツール

サードベンダーから専用の監視ツールまで出てきて、しかもガートナーCool Vendorまで受賞してしまう程に、ECM製品の導入は欧米ではかなり普及したものなのだろうと思わせる。

ID-10020753

 

Twitter ReveilleSoftware

url reveillesoftware.com/

この記事に関するお問い合わせは、こちら

この情報は取材時のもので、現在の情報と異なる可能性があります。お問い合わせの際は、オフィシャルウェブサイト等でご確認頂けます様お願い致します。

Image courtesy of Vuono / FreeDigitalPhotos.net

LINEで送る
Share on Facebook

一度ベルリンに行ってみたい、営業マーケティング全般。2014年度よりBRMS分野およびクラウド分野に注力